玉三屋のこだわり - 玉三屋食品株式会社

玉三屋のこだわり

味へのこだわり

選ばれた素材
選ばれた素材
01.素材を選ぶ
毎日食べるお惣菜だからこそ、素材の鮮度・品質にこだわっています。経験を積んだ購買担当者が、市場や産地を訪れ、納得のいく素材だけを仕入れています。
02.調味料を選ぶ

──だし汁

オリジナルの配合で鹿児島県の鰹節・うるめ節・国産の鯖節を厚切りにして出汁をとったものを使用しています。

──濃口醤油

家庭で使用されている8割が本醸造の醤油になります。色にこだわりすっきりとした味わいで旨みのある弊社独自の本醸造醤油を使用し、家庭の味を再現しております。

──薄口醤油

塩分を気にする食生活のなか一般的な薄口醤油よりも塩分を減らし、色を薄くして混合醸造で甘味旨味のある、独自の薄口醤油を使用して、素材の味、色を活かしております。

──本みりん

複雑で奥行きのある甘味・コク・旨味・照り・つや等料理に欠かせない調味料の一つです。

03.調理方法
家庭の味を召し上がっていただくために、家庭で作る時と同じような工程で製造しています。

──炊き方

 家庭で南瓜の煮物を作る時は直焚きです。弊社も直焚きにこだわり、最高の仕上がりを見極めながら煮崩れしないように職人気質で炊き上げます。

──炒め方

 金平ごぼうは、温度・色・味に、真剣に釜と向かい合い一番美味しいタイミングを決めています。野菜は日々水分量が違うため炒める時間も違ってきます。

安心・安全へのこだわり

安心安全を考える
安心安全を考える

安全で安心・健康でおいしい食を提供することが、玉三屋食品の大切な使命だと考えています。
玉三屋食品では「食の安全」を経営の最優先課題にしています。お客様が口にする食品は、ただおいしいだけでなく、まずは安心して食べていただけるものかどうかが重要だと考えます。

玉三屋食品の「経営理念」にもありますように惣菜製造業をベースに独自の商品開発力、技術力を加え、ユーザーのニーズに合った商品造りを第一に考え、日々努力をしています。

又、お客様に安心して商品を召し上がっていただくことを第一に食品安全管理手法HACCPに準じたISO22000を2020年5月に認証取得をし、原材料から製造工程を経て、商品完成に至るまでISO22000に準じたチェックを行い、すべてのお客様に安心安全をご提供できるように日々努力しています。そして皆様に美味しいといわれる最高の惣菜づくりを目指します。

pagetop